クリスマスにケンタッキーを予約する方法

 

 

クリスマスは日本人にとってはなくてはならないイベントになっていて、当日は店舗や自宅などで多くの人がお祝いをしています。

 

このイベントには一定の決まりがあり、ツリーを飾ったりサンタクロースの衣裳などもその一環だと言えるでしょう。

 

そして忘れてはいけないのは食事であり、ケーキと共に多くの人が購入していくのがチキンです。

 

このチキンはアメリカが七面鳥を食べるところから由来していて、日本では七面鳥を食べる習慣が無いのでニワトリを使ったものが主流になっています。

 

この時期になるとスーパーやコンビニエンスストアなどでも販売されるようになりますが、特別なスパイスと圧力をかけて作り上げるケンタッキーは以前から人気が高く、今でもクリスマスで食べる定番の料理になっています。

 

とても人気が高くケンタッキーもこの時期になると力を入れて宣伝を行っているので来客数も急増するのですが、問題なのは確実に入手できるのか不確定な部分があるということです。

 

この繁忙期における状況はどうなっているのでしょうか?

 

このシーズンに入ると、人気店になるほど何時間も待たなくては購入できないという事態に陥ります。

 

これは作り置きをすると時間の経過と共に美味しくなくなってしまうため、購入直前に調理しなければいけないからです。

 

店舗側も来客者の急増を予想してスタッフを多く配置したり、食材を事前に大量仕入れして対応していますが、この調理時間の手間だけはどうすることもできません。

 

そのため最悪の事態になると、当日に何時間も待たされるということもあるでしょう。

 

通常の商品であれば割と早く入手できやすくなっていますが、クリスマス限定商品やパーティーバーレルといった人気商品は入手が厳しい傾向になっています。

 

これはどれだけ人数を多くしても調理機器の関係から、一時間にできる数量に限りがあるからです。

 

ケンタッキーの場合は鶏肉を圧力をかけて作り上げるので、調理時間を短縮することができないことが大きな理由になっています。

 

そのために予約制度を設けて急増する来客への対応を行っていて、店舗側も食材をどれだけ仕入れればいいのか予測しやすいというメリットがあります。

 

また事前に購入依頼を行っているので、そちらを優先して調理できるため、予約客はそれほど待たずに商品を入手できるという利点もあるでしょう。

 

ただし、この繁忙期における予約にはデメリットもあり、事前に注文を受けていた商品から先に作るため、当日になって店舗で頼む他の商品の入手が困難になってしまいます。

 

通常の商品も当然に販売を続けていますが、作り置きできる商品であればいいのですが、それ以外はどうしても時間がかかってしまいます。

 

このシーズンになるとどうしてもオリジナルチキンを求める人が増加するため、当日に来た客への対応は難しくなってしまうのが理由です。

 

また、この予約も全ての商品が対象になっているわけではなく、クリスマスメニューしか受け付けないというのが原則になっているので、ここでオリジナルチキンを頼んでも受け付けてくれない可能性が高くなっています。

 

ただし、これは全ての店舗に共通して行われているわけではなく、店舗によっては来客者に差異があるので、ある程度の要望を受け付けてくれる場合もあります。

 

これはその店舗によって状況が変化しているため、まずは問い合わせてみるといいでしょう。

 

このように事前に注文していても希望する商品が購入できない場合には、日にちをずらして購入するという方法もあります。

 

最も混むのが23日から25日ですが、この前後になるとそれほど酷い状態にはなりません。

 

この場合には通常の販売方法で購入することが可能になっていて、日にちに対する拘りがないのであれば、別の日に行うというのも一考する価値があります。

 

特に26日になるとケーキなども割引で販売されるようになり、費用面でも大きなメリットがあるでしょう。

 

人間はどうしても決まった日にイベントを行いたいという思考が強くなってしまいますが、厳格にクリスマスを宗教的な儀式で行っている人は限定的なので、別の日に行っても問題はありません。

 

それに2019年からは12月23日が祝日では無くなるので、そのような理由からも時期をずらして行う方がいい場合もあります。

 

調理されたチキンは時間の経過と共に固くなってパサパサになってしまいますが、湯気がこもらないように平たいお皿に移し、他のものとくっつかないように距離を開けて冷暗所で保存すれば、食べる直前に水分を表面にミスト状にしたものを振りかけて加熱すると、調理した直後に近い状態に戻すことができます。

 

日本では海外のようにクリスマス休暇というものがなく、勤労者であればこの時期に時間を作るのが厳しくなっています。

 

だからこそ、別の日にイベントを行うようにした方が費用や時間的な問題も解決することができ、ケンタッキーに予約してチキンを購入しなければいけないという事態を回避することができるでしょう。