便利な年賀状印刷を利用しても一言の添え書きをするだけで優しくなれます

 

慌ただしい年末に近付くと、毎年の恒例として年賀状を用意することが行われています。

 

師走という季節になり、何かと忙しい仕事が増えることが非常に多く、仕事をしている方は年の納と年始に向けた独特の仕事を必要としたり、専業主婦の方でも住宅の片付けや年末年始に向けた家庭内での必須用品や食材の準備に追われたり、親戚関連への対応が必要になるケースもあります。

 

12月の場合はクリスマスという行事があるので、年賀状作りはできるだけ早い段階で手を付けることで、余裕を持たせることができるのではないでしょうか。

 

過去には年賀状と言えば、全てを手書きで作成してきた時代背景があり、裏面にはイラストを描いたり版画を用いたり、簡易印刷のようなスタンプなどを用いることも行われてきました。

 

この時代には1枚1枚が手作りだったこともあり、大切なお友達や知人、親戚、会社関連の方に向けても温もりが感じられることが多々ありました。

 

しかし、パソコンの普及とプリンターの普及、更にインターネットの普及により、作成方法に大きな変化が出ています。

 

年末に近くなると、書店では非常に数多くのデザインを掲載していて付属のCDで好みのデザインを取り込んで、家庭内で簡単にプリントできたり、パソコンで使える専用ソフトでは、表の住所録の管理から、一括して印字を行うこともできるようになり、作成する作業は簡素化されています。

 

一見すると手抜きのように感じられる方法と思われることもありますが、特に裏面については古い時代では不可能だった素敵なデザインをフルカラーで全面印刷ができたり、写真を印刷することも可能なので、品質の高さにメリットを感じることはできる方法です。

 

近年では更に便利なサービスが提供されていて、年賀状印刷を引き受けている会社が該当します。

 

インターネットには各社が公式サイトを開設しているので、サイト上で好みのデザインを指定して、枚数を指定する方法ではがき代を含む料金を支払うだけで完成度の高い年賀状を作れるようになりました。

 

このサービスのメリットははがきを購入する手間を必要とせずに、CD付きのデザイン集の本も必要としていません。

 

自宅のプリンターを使う作業も不要なので、大きく時間短縮すると共に、経費を削減することにも最適です。

 

各社のサイトで用意しているデザインも、他では取り扱いをしていないものに厳選をしているので、この点にも魅力を感じられるのではないでしょうか。

 

もちろん、パソコンのグラフィックソフトを使って、自主的にオリジナルデザインを作成したり、使いたい写真を取り込んで画像編集を行う方法で、自宅のパソコンからプリンターで印刷をする方法もオリジナル性という意味合いでは大変良い行動です。

 

このように、作成する手段や方法は沢山のものから選べる環境が整っているので、最適に感じる方法を利用することが大前提ですが、どのような方法でも全てを一律のデザインで印刷のみで作って送ることに関しては、味気なさを感じてしまうことも多いと判断できます。

 

実際に受け取る側としても簡易的にプリントだけしたものを送られてきても、無機質なイメージが付きまとい、元旦という大きな行事を満喫することはできないニュアンスも感じてしまうのではないでしょうか。

 

このことを払拭するには、やはり最低でも一言を添え書きするだけで随分と印象が変わることになり、送った側の優しさも表現できると判断できます。

 

添え書きは簡単なものでも構わないので、自筆で書き記すことに大きな意義があります。

 

文字の上手さや下手さの問題ではありません。

 

たった一言でも送る相手に何かしらのメッセージを添え書きすると、親近感も随分と上がるものです。

 

現在ではスマートホンを所有している方が多いので、友人や知人とはSNSを通して普段から会話をしているということも決して珍しいことではなく、寧ろ当たり前の行動になりつつあります。

 

実際に年始の挨拶もSNSだけで済ませている方も多く存在していて、全てを否定することではありませんが、形となって確実に残る年賀状とは大きく違いがあります。

 

人によっては学生時代から成人以降で高齢になっても、全てを保管されている方も少なくはありません。

 

一言の添え書きをすることにより、それぞれの時代で流行ったことや、懐かしい文言などを形に残すことができ、大げさに言えば人生の宝物のように残すことができるのではないでしょうか。

 

例えば学生時代の友人と毎年に交わしていて、後に就職をして結婚、お子さんが生まれて、更に成長するという全ての記録も残せることが前提にあるので、貴重な思い出になることは間違いありません。

 

ただし、やはり優れたデザインで印刷やプリントサービスを利用しても、それだけでは優しさが不足しがちなので、その時に思い付いた一言でも添え書きすることにより、本来はがきが持っている大切な効果を最大限に発揮させることができるでしょう。