Nintendo Switch Lite(スイッチライト)とSwitch(スイッチ)の比較

Nintendo Switch Liteは、任天堂がリリースした最新のゲーム機です。

 

製品名が表すように同社が先にリリースしたNintendo Switchから派生したハードウェアとなります。

 

任天堂は世界的なゲームメーカーであり、販売する自社ブランドのハードとソフトウェアは毎回空前の大ヒットを記録します。

 

歴代の任天堂のハードウェアも国内外を問わず大好評でしたが、Nintendo Switchに関しては、過去の名作ハードを凌駕する桁違いの人気を獲得しました。

 

Nintendo Switch Liteもまた発売前から世界中のユーザーが、リリースを心待ちにしたハードウェアです。

 

2つの製品は姉妹品とも言える関係であり、共通しているポイントは多いです。

 

ただ製品コンセプトが基本的に異なっているため、購入を検討する方々は事前に2つの製品を比較し、自分のプレイスタイルに合った物を購入しましょう。

 

 

元祖Switchは、据え置き型ゲーム機でありながら、必要に応じて携帯型に仕様を変更可能です。

 

元祖Switchの方は自宅のTVに接続して大画面でゲームプレイが楽しめる「TVモード」とJoy-Conを活用して、2人対戦が楽しめる「テーブルモード」でも遊べます。

 

Joy-Conと画面が更に一体化したタブレットのような状態でゲームソフトが遊べる「携帯モード」があり、合計3種類のスタイルから、シチュエーションに合わせて好きな遊び方が選べます。

 

一方で新型機のNintendo Switch Liteは別名「携帯版Switch」とも呼ばれています。

 

元祖Switchとは、対照的に選べるスタイルは「携帯モード」一択です。

 

Joy-Conは同封されておらず、コントローラーとゲーム機本体と画面の3つが最初から一体化しているのが特徴です。

 

元祖Switchから機能やパーツを大胆にカットし、携帯型ゲーム機として洗練されたデザインとユーザビリティを実現したのがNintendo Switch Liteとなります。

 

カジュアルにどこでもいつでも、気軽にゲームプレイが出来る、これがNintendo Switch Liteの製品コンセプトであり、自宅で本腰を入れて遊ぶ形ではなく、スマートフォンやタブレットのように色々な場所に携帯して、日常生活に溶け込む形で、楽しくまったりと遊べるハードです。

 

元祖Switchに比べて、本体価格が10000円お安くなっているのが特筆すべき点です。

 

20000円でお釣りが受け取れる安さになっており、今まで任天堂の新作に関心はあったけれど、お小遣いの関係でなかなか新型ハードを買う事に抵抗を感じていた方々にこそ、Nintendo Switch Liteは素晴らしい選択肢となります。

 

気になる画面サイズですが、元祖Switch6.2インチNintendo Switch Lite5.5インチです。

 

数値で比較すると新型の方が若干画面サイズが小さくなります。

 

しかし実物を並べると、その違いが分からない位のレベルであり、画面の解像度は双方とも1280×720ピクセルです。

 

キャラクターやエフェクトの視認性やクオリティーは同等となります。

 

一方で本体の重さですが、同じ「携帯モード」で比較すると、元祖Switchが約400gで、Nintendo Switch Liteは約275gとなり、新型機の軽さは一目瞭然です。

 

任天堂の名機として名高い3DS LLが約330gで、姉妹機の2DS LLは約260gであり、前者よりは非常に軽く、後者よりはやや重たいのがNintendo Switch Liteを持った時の感覚となります。

 

育成ゲームやシミュレーションゲーム、長編のRPGゲームをプレイする際は、携帯性と軽量性が非常に重要です。

 

外出先でカジュアルに遊ぶためには軽さと薄さ、カバンにシンプルに収納できる携帯性が求められ、Nintendo Switch Liteはいずれも高いレベルで満たしています。

 

 

Nintendo Switch Liteの制約ですが、携帯モード対応のゲームソフトしか基本的にプレイする事が出来ません。

 

そのため、新しいソフトを購入する際は「携帯モード」に対応しているか、事前によく確認をしたいところです。

 

製品パッケージに「遊べます」や「遊べません」の表記やアイコンがありますので、購入する前に要チェックです。

 

ただ任天堂の顔も言えるマリオシリーズやスマッシュブラザーズシリーズ、スプラトゥーンやゼルダの伝説など、主要なゲームソフトは「携帯モード」で、基本的に遊べます。

 

Nintendo Switch Liteの販売によって、今後リリースされる新作ソフトも「携帯モード」に対応している可能性が高く、他にもHD振動機能やテレビへの出力や「おすそ分けプレイ」などの一部機能が削られ、確かにNintendo Switch Lite特有の制約は存在しますが、現実問題として一般のユーザーが、ストレスを感じるケースは稀でしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Lite イエロー
価格:21578円(税込、送料無料) (2019/9/26時点)

楽天で購入