千葉県でおすすめのB級グルメ

 

 

千葉県は、野菜、果物、海産物がおいしい地域で、さまざまB級グルメがあります。

 

そんな千葉のB級グルメを紹介します。

 

竹岡ラーメン

 

 

千葉県富津市竹岡にある「梅乃屋」は、ラーメン好きなら知っているであろうラーメン店です。

 

現在「竹岡式ラーメン」などの名称で販売されているラーメンがいくつかありますが、ここの竹岡ラーメンが発祥です。

 

平日では行列ができるほどの人気店です。

 

ラーメンの上にのるチャーシューはとろとろ、スープにはチャーシューを煮込んだタレをお湯で薄めて使用をしています。

 

乾燥麺が脂ののったチャーシューのスープとよくあいます。

 

唐揚げそば・うどん

 

 

弥生軒は蘇我子駅にある立ち食いそば店で、駅そば好きの間で有名です。

 

ここの名物料理が唐揚げそば・うどんです。特大の唐揚げでよく知られています。

 

2番線ホームに降りていくと弥生軒があります。

 

店内は2面がガラス張りになっていて、電車を眺めながら食べることができます。

 

唐揚げはできたてを食べてもらいたくて、できるだけこまめに揚げているそうです。

 

揚げ物は時間が経つとべたっとしておいしくありません。

 

店主の「おいしいものを食べて欲しい」という気持ちが伝わってきます。

 

出てきたそば・うどんには驚くことでしょう。

 

器からはみ出るほどの大きさの唐揚げです。+140円で2個にしてもらえます。

 

丁寧に揚げられて唐揚げは肉が柔らかく、ほどよくつゆを吸っています。

 

甘味のしみ込んだ手づくりおいなりもおすすめです。

 

佐倉丼

 

 

佐倉市表町にある「カフェアイン」は、落ち着いた雰囲気のカフェです。

 

コーヒー、クッキー、紅茶など、ゆったりくつろいだ雰囲気でお茶を楽しめます。

 

ここのお店のひそかな名物料理が佐倉丼です。週に3日限定で提供をしています。

 

地元佐倉市の豚肉を甘辛く煮つけ、とろろと柚子こしょうソースを添えた丼ものです。

 

煮つけのダシにはこだわりがあり、昆布、干しシイタケ、かつお節などを使用してダシをとっています。

 

ソースを絡めながらもよし、ソースなしでもよし、味の変化を楽しみながら味わえます。

 

カフェなのでコーヒーもぜひ注文してみてください。カフェアートをしてくれることがあります。

 

刺し身

 

 

「ばんや」は千葉県の房総半島、吉浜という場所にあるお店です。

 

海に面した場所に立っているお店で、新鮮な魚介類が売りです。

 

ここに来たらおすすめの料理が刺し身です。

 

海に近いということもあり、新鮮な刺し身を楽しむことができます。

 

期間限定で姿作りを出していたこともあります。

 

運がよければ食べられるかもしれません。

 

もちろん、刺し身と同様に新鮮な魚を使用しています。

 

ばんやのすぐそばには、干物などを売るお店があります。

 

地元で獲れた魚を販売しているので、こちらもおすすめです。

 

かき氷・ソフトクリーム

 

 

保田小学校道の駅は、小学校を道の駅として利用したと有名な場所です。

 

ここでは、地元の野菜や保田小学校をイメージしたお菓子などが販売されている他、中華料理、懐かしの学校給食メニュー、パン、スイーツなどを食べられるお店がいくつかあります。

 

その中でもおすすめが「cafe金次郎」のかき氷やソフトクリームです。

 

房総半島はびわの産地として有名で、びわそのものもそうですが、びわゼリー、びわまんじゅうなど、びわを使用したお菓子が道の駅で販売されています。

 

cafe金次郎でも地元の食材を使用したびわかき氷やびわソフトクリームなどが販売されています。

 

地域ならではの味を楽しめます。

 

まとめ

 

千葉県にはおいしい野菜、果物、海産物などがたくさんあります。

 

そういった食材を使ったグルメがたくさんあるので、千葉に遊びに来てぜひ食べてみてください。