ドラマ ルパンの娘の見どころ

ドラマのルパンの娘の見どころを、キャストやストーリーの概要とネタバレほどほどのあらすじを交えて紹介します。

 

まずこのルパンの娘の原作は、同名の小説です。泥棒一族であるLの一族に生まれた娘が主人公で、偶然図書館で警察庁捜査3課に所属していて、家族全員が警察官僚の青年と出会い恋に落ちて結婚を誓い合います。

 

主人公は子供の頃から泥棒のサラブレッドとして、スリや盗みや格闘術を祖父から叩き込まれてきました。Lの一族であるのを隠しながら、様々な困難に合いながらも、絶対に許されない恋愛を続けて行く所がこのドラマの見どころです。

 

キャストは超豪華で、主人公の三雲華役は、恋愛ドラマの常連の深田恭子さんが演じています。主人公が恋する相手の警視庁捜査3課の刑事役に、瀬戸康史さんが起用されてます。お互いの両親や祖父や従妹や兄弟なども、連ドラや映画でも話題の個性は俳優が多数起用されていて、豪華なキャスト人の演技を見る事もこのドラマの見どころとなっています。

 

これ以降はドラマルパンの娘のあらすじを交えて、魅力を紹介していきます。ドラマ初回では、登場人物の複雑な相関関係や、主人公と恋愛相手との出会いについて語られました。

 

主人公華は、子供の頃からLの一族として活躍するために、祖父から様々な泥棒の技術を遊びを交えて教え込まれてきました。例えばスリの特訓では、Lの一族の長老とお互いにすれ違いざまに盗み合うのを競ってました。主人公華は、幼い頃から祖父にその才能を認められ、他の家族からも一目を置かれる存在に育って行きました。両親や祖母や兄弟とチームを組んで、一度も失敗する事無く何度も難しい盗みに成功してました。

 

そんな泥棒のサラブレットで育ってきた主人公華が、偶然図書館で働いている時に、警視庁捜査3課に署即する刑事に出会います。何度も合っているうちにお互いに恋に落ちましたが、華は相手が刑事である事を知っていたため始めは恋愛を絶対にしてはいけない相手だと思って諦めてました。だけど何度も合っているうちに、どんどん好きになって結婚を前提に付き合う事になりました。

 

第一話ではLの一族がターゲットにしていた宝石商の下調べをしている時に、恋人の桜庭刑事も捜査しているのに気づきます。その事を知った主人公華は、彼にバレたくないために今回の盗みの計画を止めようとします。

 

そんな時に桜庭刑事が単身宝石商の所に乗り込み、その用心棒にやられて監禁されてしまいます。それを知った主人公華は、彼を助けるという名目で盗みの計画に参加しました。家族でダクトから潜入して、格闘が苦手な両親は催眠スプレーなどの道具を駆使して、警備をどんどん眠らせていきます。そしてダクトを進んで行くと、桜庭刑事が椅子にロープで縛りつけられて、殺されそうになっていました。

 

華は飛び込もうとしますが、両親が別の場所で騒ぎを起こして、それを見るために部屋を出て行った所で華がロープを使って降りて助けようとしました。だけどロープを切ったタイミングで、部屋に殺し屋が戻ってきて華は桜庭刑事の目を覚まさせて、ダクトに戻って行きました。桜庭刑事のロープがほどかれていて目を覚ましている事を知らない殺し屋に、上手く襲い掛かり何度もやられそうになりますが、華のアシストのおかげで無事に助かります。

 

だけど華はバレたくないために、後ろから首元にチョップをして桜庭刑事を気絶させます。そこへ残りの殺し屋が戻ってきて、華との格闘戦が始まりました。この華の鬼気迫る格闘シーンも、このルパンの娘の魅力です。苦労する華をよそにして、両親はお目当ての宝石を全てバックにつめてダクトに戻ってました。気絶させた桜庭刑事を心配しつつ両親にせかされて、ダクトに戻り難なく泥棒計画を成功させました。

 

自宅に帰って質素な一戸建ての木造住宅の地下にある豪華な基地で、両親は戦利品の宝石を眺めながら喜んでいました。だけど主人公華の気持ちは複雑で、バレなかった事には安どしましたが、盗みをしていたらいつかは彼にバレるんじゃないかと不安になりました。この主人公の華の揺れ動く罪悪感や葛藤シーンも、このドラマの見どころだと思います。

 

そんな不安を抱えながら第2話では、桜庭刑事に正式にプロポーズされて、彼と主人公の両親が挨拶する事になります。不安な華とは逆に、両親は警察官僚家族と対面する事を楽しみにしてました。何度も口の軽い両親がLの一族である事を話してしまいそうになりますが、何とか口裏を合わせてその場を乗り越えました。このコント劇的なところも、ルパンの娘の見どころです。第2話では何回もバレそうになりますが、なんとか乗り切り泥棒ミッションを成功させました。

 

第3話では主人公華だとはバレませんでしたが、Lの一族の泥棒の時に着るコスチュームを見られて女性だと気付かれてしまいました。第4話では、はっきりとLの一族が華だとバレてしまい、今度は桜庭刑事も泥棒と刑事の許されない恋愛の葛藤をするようになりました。この主人公と桜庭刑事の恋の行方がどうなるかも、このドラマの見どころです。